アフィリエイトは悪徳ビジネスではない理由 アフィリエイトは悪徳ビジネスではない理由

アフィリエイトは悪徳ビジネスではない理由を言います。

 

こんな悪徳ビジネスがあるようです

ネットの口コミ掲示板に一般利用者を装って宣伝目的の書き込みを行い、その見返りとして対価の受け渡しを行う手口のようです。

 

一連のやらせ問題を見て、アフィリエイターの役割について考察してみました。

 

 

よくブログの記事ネタを探す方法の一つとして、お悩み掲示板で困っていることを探して、それに答えてあげる方法が紹介されています。

 

ユーザーとしてよく困っていることを解決してもらうのですが、その掲示板でやらせが行われていたそうです。

 

ところで、このニュースを見て思ったのは、下手したらアフィリエイトもやらせって思われてしまう
危険性があるんじゃないかってことでした

 

なぜなら、アフィリエイトはインターネットを使って、広告主(インフォプレナーや物販者)の商品(情報商材や物品)を媒体(ASP)を通じて広告代理人(アフィリエイター)が宣伝する代わりに、売上げの一部(アフィリエイト報酬)を広告代理人(アフィリエイター)が対価として受け取る仕組みになっているからです。

 

 

これを先ほどのニュースに当てはめてみると、インターネットを使って、広告主(飲食店)の商品(料理)を媒体(口コミ掲示板)を通じて広告代理人(偽装一般人)が宣伝する代わりに、売上げの一部(書き込み報酬)を広告代理人(偽装一般人)が対価として受け取るという仕組みということで、構図がとてもよく似ています。

 

私の考えるアフィリエイトはやらせではありません。

 

なぜなら、アフィリエイターの役割は価値ある商品の良い点を、販売者に代わって、わかりやすくお伝えすることだからです。

 

お客様は商品のセールスレータに魅力を感じて商品に惹かれるのですが、いざ購入となるとなかなか決断に踏み切れない。
だって、ネットで購入するものって手に取ってみることができないため、本当に効果があるかどうか買ってみないとわからないから。

 

そんな時に「その商品は価値があるんですよ」って背中を後押ししてあげる感じて、商品の実践結果だったり、効果をお伝えしてあげる。それがアフィリエイターの役目になると思うんですよね

 

特に情報商材アフィリエイターの場合、買ってもらう時だけじゃなく、買った後のサポートまでつけて、きめ細かくアフターケアをおこなっていきます。

 

その結果、お客様が満足のいく効果を実感できればアフィリエイターは信頼されて、それ以降もさらなる売上げ向上が期待できるわけですね。

 

このためアフィリエイターがしなければいけないことはいかに「価値のある商品」を紹介できるか、そして、その商品の効果を実感させられるかということに集約される思います。

 

言うまでもなく、もし先ほどのニュースのようなことをアフィリエイターがしていたら、一気に信用はガタ落ちで、もう商品を買ってもらえなくなるでしょう。

 

アフィリエイト全体の評判の為にもアフィリエイトについてもう一度真剣に考えてみる必要がありますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です