ネットビジネスの考え方 現実ではネットビジネスでどう当てはまるの? ネットビジネスの考え方 現実ではネットビジネスでどう当てはまるの?

 

ネットビジネスの考え方 現実ではネットビジネスでどう当てはまるの?についてかいていきます

 

今行われているネットビジネスについて、整理してみました。

 

ひとくちにネットビジネスと言っても、その手法は様々なものがあります。

 

※独断と偏見で分類した「ネットビジネス」であるということをご了承下さい。

 

まず、ネットビジネスの定義ですが、読んで字の如くインターネットを使ったビジネスモデルの総称です。

 

ネットビジネスの利点となる最大の特徴は

  • 大きな資本が不要である
  • ネットにつながる環境があればできる
  • 複製可能である
  • 個人でできる

ということです。

これをサラリーマンの視点で見てみると、

  • お小遣い程度の資金でできる(数千円程度〜)
  • 時間と場所を選ばずにいつでもどこでもできる
  • 自ら販売しなくても、ネットが勝手に売ってくれる
  • 会社組織に属さなくてもできる

 

ということで、パソコンと小額の資金、そして時間さえあればサラリーマンでも容易にできるビジネスであることがわかると思います。

 

それでは、ネットビジネスはどのようなで内容で構成されているのでしょうか?

 

個人でできるネットビジネスをざっくりと大別すると、次の3つに集約されます。

 

  • 広告提供型ビジネス
  • コンテンツ提供型ビジネス
  • EC(イーコマース)型ビジネス

 

1番目の広告型ビジネスとは、このブログのタイトルにもなっているアフィリエイトに代表されるビジネスモデルです。

 

すなわち、自ら商品を提供することなく、他者の商品を宣伝・広告することでその商品の売上げの一部を対価として受け取るビジネスです。

 

2番目のコンテンツ提供型ビジネスとは、自らがコンテンツを提供し、その対価を直接受け取るビジネスです。

 

例えば、情報販売のように有益な情報をe-book・動画・音声等で販売するビジネスが該当します。

 

3番目のEC型ビジネスとは、商品をネットと通じて販売するビジネスモデルです。

 

EC型ビジネスは実際の店舗が不要であるという点が最大の特徴で、身近な例で言えば、楽天市場やYahoo!オークションなどが該当します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です